理系男子のIoTライフ

理系男子がプログラミング、テクノロジー、ゲーム、インターネットに関連したネタをしたためます。

【Excel VBA】VBAを強制終了する方法

最近、仕事でExcelでマクロを組むことが多いのですが、その際意図せず無限ループになることがたまにあります。

今回は、無限ループに陥いるなどVBAを強制的に停止させたい場合の対処法を紹介します。

 

 

処理の中断

まず、タスクを切り替えて、VBAの開発画面である「Visual Basic for Applications」を選択します。

f:id:rikei_iot:20170525003415p:plain

無限ループに落ちいている場合は、本画面が表示されなくても大丈夫です。

 

次に、この状態で「Ctrl + Brake」または「Ctrl + Pause」を押してください。

これで、VBAの処理が中断されます。

 

BrakeキーやPauseキーがない場合

最近のノートPCではBrakeやPauseがキーボードにない場合もあります。

そのような場合でも特定の機種では、複数キーで対応しているようです。

このような複数キーでも対応していない場合は、ソフトウェアキーボードを使いましょう。

 

Surfaceの場合

SurfaceシリーズのMicrosoft専用キーボードにも、BrakeやPauseがありません。

こちらは「Fn + Esc」を押してください。

 

◆まとめ

今回は、VBAの強制停止方法について、ご紹介しました。

基本は「Ctrl + Brake」または「Ctrl + Pause」ですが、対応していないキーボードも増えてきているので、キーの対応の確認が必要です。

 

www.excel.studio-kazu.jp

www.tailtension.com

 

 

 押していただけると励みになりますので、お願い致します。