理系男子のIoTライフ

理系男子があなたの生活を少し「ラク」にする情報をお届けします。

スポンサーリンク

【iPhoneバッテリ交換】iPhoneバッテリ交換で思わぬ出費になるケース

保証期間切れのiPhoneの電池交換価格を値下げすると発表がありました。
iPhoneのバッテリ交換を実際にした結果、思わぬ出費があったので事例をご紹介いたします。
f:id:rikei_iot:20180116163142j:plain



バッテリ交換の値下げ

前回の記事でAppleiOSアップデートにより古い機種でパフォーマンスが低下している事実を認め、対応としてバッテリ交換費用を値下げして対応するという内容をご紹介しました。

rikei-iot.hatenablog.com

値下げのバッテリ交換費用は3,200円と5,600円の値下げとなっています。
本根下げの対応はiPhone 6以降の機種で、2018年12月まで対応しています。

f:id:rikei_iot:20180108141423p:plain

バッテリ交換方法

バッテリ交換はApple Storeや正規サービスプロバイダへ持ち込みか、配送による「お預かり修理サービス」で対応できます。

世紀サービスプロバイダへの持ち込み修理方法の申し込みについて、以下記事で紹介しています。

rikei-iot.hatenablog.com

実際に持ち込み修理をしてみた

バッテリ交換の持ち込み修理を行った結果、以下説明を受けました。

店員「液晶画面が割れているため、バッテリを交換を行うことができない。」

「バッテリ交換ができない!?」とかなり衝撃的な内容でしたが、理由について順を追って説明していきます。

バッテリ交換ができなかった理由

バッテリ交換時の作業手順としては、

  1. フロントパネル(液晶画面)を外す
  2. ネジやコネクタを外してバッテリを取り外す
  3. 新しいバッテリにコネクタなどを接続し、元に戻す

の手順で実施するのですが、最初のフロントパネル(液晶画面)が割れている場合、正規サービスプロバイダでは対応できないとのことです。

ちなみに、非正規の修理屋の場合は、ガラス割れスマートフォン分解補助シートやパネル全体を覆うテープ等を貼って対応できてしまう場合もあるかもしれませんが、正規店では本対応は実施してくれません。

思わぬ出費・・・

この場合、バッテリ交換だけではなく、画面修理が必要になります。
画面修理の料金はバッテリ交換と比べるとかなり高額になります。

f:id:rikei_iot:20180115001350p:plain


ちなみに画面修理になるとApple直営店以外は工場に送る必要があるため、修理には1週間くらいかかるとのことです。
結局、画面修理とバッテリ交換をするくらいなら本体交換の方が早かったので、私の場合は本体交換で対応してもらうことになりました。

まとめ

iPhoneのバッテリ価格が下がったので交換を希望する方も多いかと思いますが、液晶画面が割れていないかのチェックをお願いいたします。
割れていると判断された場合、正規店ではバッテリ交換だけの修理は断られますので、ご注意ください。

押していただけるとブログ執筆の励みになりますので、ぜひお願い致します。