理系男子のIoTライフ

理系男子があなたの生活を少し「ラク」にする情報をお届けします。

スポンサーリンク

【ポケモンGO】第3世代のレックウザが登場!対策と攻略方法を紹介!

本日2/10(土)より第3世代の伝説ポケモン"レックウザ"が出現しています。
レックウザのレイドバトルでの対策について、考えていきたいと思います。
f:id:rikei_iot:20180210163242j:plain




第3世代の伝説ポケモンとは?

2/10(土)から3/16(金)まで第3世代で登場した"レックウザ"がレイドバトルに登場しています。
レックウザの攻略方法についてご紹介いたします。

伝説のポケモンとレイドバトルする際の注意!

レックウザの強さはどれくらい?

レイドバトルで登場するレックウザは、難易度5、CP40,000超えとなっています。

また、技構成はタイプが複数あるため、戦わせるポケモンは相手のタイプで変えることも必要です。

CP 45,468
タイプ ドラゴン、ひこう
通常技 エアスラッシュ(ひこう)、ドラゴンテール(ドラゴン)
スペシャル技 げきりん(ドラゴン)、つばめがえし(ひこう)、げんしのちから(いわ)


レックウザこおり、ドラゴン、いわ、フェアリーが弱点です。
特にこおりタイプは弱点が重なるため1.96倍のダメージが与えられます。
攻撃中心のパーティであれば、こおりタイプの技を持つポケモンを中心にすることをオススメします。



倒す人数の目安は?

倒す人数の目安としては、8人以上がオススメです。
トレーナーレベルにもよりますが、最低6人くらいは確保しましょう。

バトルの待ち時間に人数が揃わない場合は、一旦逃げて再度バトルを開始することで時間を稼ぎ、仲間が来るのを待ちましょう。
同じ相手であれば、1度のレイドパスの使用で何度でも挑戦できます。

人数が少ないまま倒されてしまっては、きずぐすりなどのアイテムを無駄に消耗してしまします。

制限時間は300秒!倒されても諦めない!

相手が強力な分、レイドバトルの制限時間も300秒と比較的余裕があります。

また、手持ちの6体が全て倒されてしまっても、
バトル時間が残っていれば再チャレンジできるので諦めないでください。



レックウザの効率的な攻め方

こおりタイプのキャラを使おう!

レックウザドラゴン、ひこうタイプのため、こおり、ドラゴン、いわ、フェアリーの4タイプが弱点です。
特にこおりタイプは弱点が重なるため1.96倍のダメージが与えられるため、こおりタイプの技を持つポケモンを中心にパーティを組みましょう。

レックウザ戦のオススメポケモン

こおりタイプの初代伝説ポケモン"フリーザー"

go.pokemon-pedia.com

初代伝説のポケモンであるフリーザーは、育てていなくても初期CPが高いため大きな戦力となります。

フリーザーは種族値が高く、タイプ一致のため高いダメージが期待できます。
また覚える技はすべてこおりタイプのため、常にレックウザの弱点を突くことができます。

ただし、レックウザが使う「げんしのちから(いわ)」はフリーザーの弱点となるため、注意しましょう。

現在も捕まえるチャンスあり!"カイオーガ"

pokemongo.gamewith.jp

2/14(水)まで出現しているカイオーガも、強力なこおりタイプの技を持つポケモンです。

カイオーガはみずタイプですが、ふぶき(こおり)を覚えるため非常に強力なダメージを与えることができます。
また、みずタイプはレックウザの技に対して弱点を突かれないため、一撃で倒される心配もなく攻撃に転じることができます。

攻撃力が高い"カイリュー"

go.pokemon-pedia.com

攻撃力の種族値が高いカイリューも活躍が期待できます。

ノーマル技とスペシャル技の両方をドラゴンタイプで揃えることができるため、常にレックウザの弱点を突くことができます。
ノーマル技をドラゴンテールスペシャル技をげきりんに揃えておきましょう。
ただし、レックウザドラゴンタイプ(ドラゴンテールげきりん)といわタイプ(げんしのちから)の技が弱点となってしまいますので、注意しましょう。

捕まえるのは至難の技?

レックウザの捕獲率は、伝説ポケモンと同様2%と非常に難しいです。
きんのズリのみ+カーブボール+Excellent判定15.73%まで捕獲率を上げられます。

レックウザの出現期間は3/16までとされています。

期限内に何度もレイドバトルして、捕獲にチャレンジしてみましょう。

伝説ポケモンのゲットのコツは以下で紹介しています。
rikei-iot.hatenablog.com



まとめ

今回はレイドバトルに新しく登場した伝説のポケモンレックウザの対策についてご紹介しました。
この機会にぜひゲットしてみましょう。

押していただけるとブログ執筆の励みになりますので、ぜひお願い致します。