理系男子のIoTライフ

理系男子があなたの生活を少し「ラク」にする情報をお届けします。

スポンサーリンク

【Mac活用術】隠しファイル・フォルダを表示する方法

Macの隠しファイルや隠しフォルダを表示する方法をご紹介します。
f:id:rikei_iot:20170804161534j:plain



Macの隠しファイル・フォルダ

Windows同様にMacにおいても、システムに関する重要なフォルダやファイルは「隠しフォルダ・ファイル」に設定されており、デフォルト状態ではこれらのファイルを参照することはできません。

隠しファイルとしては、以下のようなファイルがあります。


隠しフォルダ・ファイルの例


・.cashe:キャッシュを管理するフォルダ
・.config:システム設定を管理するフォルダ
・ライブラリ:アプリケーションのライブラリ
・ゴミ箱:ゴミ箱フォルダ

隠しファイル・隠しフォルダの表示方法

Finderを開いて以下のキーを同時に押します。


隠しファイルを表示するショートカット


command + shift + .(ドット)


ターミナルで実行する場合には、以下コマンドを起動します。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder




まとめ

今回はMacで隠しファイルや隠しフォルダを表示する方法をご紹介しました。
設定ファイルを変更する場合はくれぐれも注意しましょう。

押していただけるとブログ執筆の励みになりますので、ぜひお願い致します。