理系男子のIoTライフ

理系男子があなたの生活を少し「ラク」にする情報をお届けします。

スポンサーリンク

【VBA】VBAでブックを閉じる方法

VBAを使えば、開いている大量のブックを一気に閉じることもできます。
今回はVBAで開いているブックを閉じる方法をご紹介します。
f:id:rikei_iot:20180116171536j:plain



ブックを閉じる方法

WorkbookオブジェクトのCloseメソッドを使うことで、開いているブックを閉じることができます。
次のコードは、すでに開いている "SampleFile.xlsx" を閉じます。

Sub Sample()
    Workbooks("SampleFile.xlsx").Close 'ブックを閉じる
End Sub

ファイル名は拡張子まで含めた形式で指定します。


確認メッセージを出さずにファイルを閉じる

ブックを閉じる際に、変更して保存をしていない場合は以下の確認メッセージが出ます。

f:id:rikei_iot:20180116233643p:plain

この確認メッセージを出さずにブックを閉じるには、ApplicationオブジェクトのDisplayAlertsプロパティを使います。

' 確認メッセージを出さずにブックを閉じる
Function closeUserFile(Target As String)
    Application.DisplayAlerts = False '確認メッセージを非表示
    Workbooks(Target).Close
    Application.DisplayAlerts = True '確認メッセージを表示
End Function

閉じる前に確認メッセージを非表示(False)にしておき、閉じた後に元(True)に戻しています。
また、本方法ではブックは保存されませんので、保存する場合はSaveメソッドで保存しておきましょう。

まとめ

VBAで開いているブックを閉じる方法をご紹介しました。
VBAで作業の効率化を進めましょう。

押していただけるとブログ執筆の励みになりますので、ぜひお願い致します。