理系男子のIoTライフ

理系男子があなたの生活を少し「ラク」にする情報をお届けします。

スポンサーリンク

Microsoft IMEの誤変換データ送信画面を非表示にする方法

Windows10にバージョンアップしてから「Microsoft IMEの変換精度を高めるため、誤変換データ収集にご協力ください」という通知ポップアップが頻繁に表示するようになりました。今回は、この通知ポップアップを非表示にする方法をご紹介します。
f:id:rikei_iot:20180125141042j:plain



Microsoft IME誤変換レポートとは?

WIndows標準で搭載されているIME言語バーには、IME2003以降に誤変換された文字列を米Microsoft社に送信する機能が備えられています。本データは、辞書やIMEの改善に役立てられると考えますが、細かい誤変換情報が蓄積していき、頻繁に送信するポップアップが出てくるのは非常に邪魔です。

tech.nikkeibp.co.jp

ポップアップの非表示方法

それでは、誤変換データの送信ポップアップを非表示にする方法をご紹介します。

まず、右下のタスクバーにある言語バーをクリックし、出てきたメニューの「誤変換レポート」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180315154132p:plain

次にMicrosoft IME誤変換レポート画面が開くので、「設定」をクリックします。
f:id:rikei_iot:20180315154412p:plain

設定画面が開くので、すべてのチェックを外し、OKをクリックします。
f:id:rikei_iot:20180315154723p:plain

以上で設定は完了です。



まとめ

今回はMicrosoft IMEの誤変換データ送信の通知ポップアップを非表示にする方法をご紹介しました。
通知が邪魔という方は非表示にされることをオススメいたします。

押していただけるとブログ執筆の励みになりますので、ぜひお願い致します。